色白タイプ、色黒タイプの指の方には…

婚約指輪を購入する際に、宝石店などに行くと必ずと言っていいほど、「お探しの指輪はどの様なタイプですか?」と聞かれます。しかし、指輪などに縁遠い男性は、どういったタイプがあるかも分らないことが多いですよね。大ざっぱにでも、どういった指にはどんなタイプの指輪が似合うのか、ということは調べておいた方が良いでしょう。まずは、指が色白の女性に似合うタイプですが、青み系の色が入ったタイプがお勧めです。この青色が指輪に入ることで肌の白さを引き立ててくれます。色黒の女性にはゴールドを合わせた様なデザインが良いでしょう。ゴールドを入れる事で、指輪が肌の色に浮いてしまうことなく、ナチュラルに馴染んでくれます。

指が細めの女性、指が太めの女性には…

指が細めの女性の指は、どうしても華奢な印象を与えてしまいます。そこで太いリングや豪奢なデザインを選んでしまうと、指輪が浮いてしまいます。ですから、そういった女性には細身のリングや繊細なデザイン、細やかな彫りの入ったリングを選ぶことをお勧めします。こうすることで、指を可愛らしく引き立ててくれます。指が太めの女性は、細身のリングでは指の太さが目立ってしまい、指とリングが喧嘩してしまいます。そこで、幅広で、V字やS字、ウェーブといったラインに変化があるデザインがお勧めです。形に変化のあるデザインは、指を細く見せてくれる効果が期待できます。

指の短い女性、指の長い女性には…

指の短い女性に直線的なラインの指輪では、指の短さが際立ってしまうこともあります。そういった女性には、指輪のラインに変化をつけて指長効果を狙うことがお勧めです。具体的には、V字やS字、ウェーブといったラインを選ぶことがポイントです。指の長い女性には、直線的で幅広の指輪が似合います。細身だったりすると、指と指輪のバランスが悪く、リングが貧弱に見えてしまいます。幅広のリングにゴージャスに映えるダイヤなどがのったリングがお勧めです。

婚約指輪とは結婚前に男性がプロポーズや結納の際に贈る指輪のことを言い、ダイヤや誕生石など華やかななデザインのものが好まれます。